ラーメン辞典。

大抵の日本人の人がそうであるように、

俺もラーメンが大好きである。

しかし、話題になる所をガツガツ食べに行くわけではない。

お気に入りが何軒かあって、
それを周るという感じであろうか?

今日は地元のらーめん屋『熊大路』に行ってきた。



休日の時に行く事が多い。
中学生の頃から通っていて、
本当に大好きなのだ。

地元びいきという感じなのだろうか。
「めちゃくちゃおいしいのか?」
と言われるとちょっと疑問である。

実は自信を持ってお薦めはできなかったりする。

現に、ドラムのカンちゃんははっきりと

まずいと言ったくらい。

しかし、地元の友達の大半は大好きである。

俺が好きな理由のひとつ。

バターがでかい。


↑このでかいバターを見よ!

昔から、この大きさなのだ。
すごい。
50円でトッピング可能である。

そして、店に入ると、

「はい、どうも。いつものやつね?」

で、通ってしまう。
醤油チャーシューバターの大盛りが出て来るのだ。
素晴らしい。

これは魅力だ。

完全に常連という感じなのだ。

そういや、その昔
中学生の時に、バターを3個くらい入れた事がある(笑)。

あっ!
あと、思い出した!
同級生のDちゃんの兄ちゃんが、
ここのジャンボらーめん(恐らく2倍の量)を食べて、
その後すぐに普通盛りのらーめんを頼んだという話もあった。

ちなみに、写真を撮って気づいたのだが、
よく見ると、
店の上の方の看板には

「手打ちらーめん とんかつ」

と書いてあるじゃないか。


↑見づらい写真で申し訳ないが、これである。

昔から通っているのに気づかなかった。
昔はとんかつもやっていたのだろうか?

全く知らなかった。

ちなみに、狛江の方に2号店があるが、
そっちはなんかおいしくなかった。
さらに、バターが半分の大きさである。

地元の方でやってるおっちゃんに

チクりたい!

「あっちの店、まずいですよ!
さらにバター半分くらいっすよ!」


うひょひょ。( ≧m≦)σ
である。

俺メモ作成!

整理整頓

得意であり、苦手なものでもある。
何がなんだかよくわからない。
うひょひょ。( ≧m≦)σ

つ~か、つ~か、
仕事場とかでは結構きっちりやっている。

しかしながら、家とかは全く整理されてなかったりする。

すこぶる汚い状態である。


↑こんな状態である。また赤裸々に出しすぎだと怒られそうである。

いつも何か探す時、あっちゃこっちゃ引っ張り出す状態だ。
効率がいい事が大好きなのに、

全くもって、すこぶる効率が悪い事やってるじゃないか。

矛盾だ。
わおわおっ。(*゚▽゚*)

今溜まってるもの。
それはメモだったりする。

外出先で気になるものがあると、
携帯でメモして、
パソコンにメールで送信するのだ。


↑友達と話してる時にレッチリがニューアルバム出す事を思い出し、
ゴダイゴの曲を友達にあげなきゃ!というメモだ。


ジャンルはさまざまだ。
日記に書こうって思ったネタ、
歌詞で使おうって思ったフレーズ、
気になる漫画、本、映画にゲームに音楽。

気になったものは全部である。

そのメモは、パソコンの中のメモ帳に書いて行くのだが、
なんだか、すっごい溜まっていたから、
整理してみた。

ジャンル別にわけて、
エクセルでしっかり分けてみた。


↑多少雑ではあるが、きっちりわけてみたのだ。

なんとなく満足げである。

おしまい。(*゚▽゚*)

■食い放題事件Ⅲ■

(つづき) 食い放題事件Ⅱへ

肉食い放題のお店にて。

バスが出る時間が迫っていた、
会計までに残ってる肉ををなんとか食べきらないと罰金になってしまう。

しかし、最後に残ってる鶏肉が手ごわかった。
かなり大きいから、なかなか焼けない…。


↑写真はケンタッキーのものです。これくらいの大きさの肉だった。

もうダメか…。

その時、一人の男が立ち上がった。

Mちゃんが生焼けの鶏肉を、自ら口にほおり込んだのだ。

歓声があがった!
すごい!すごいぞ!Mちゃん!(米と言う名前を頭に持つ彼だ。)


すごい形相で、鶏の肉を食べようとしてる。

しかし、それはほぼ生肉だぞ!!!



うが~っ!!!


本当にほとんど火が通ってない状態のものだったのだ。
それを口の中に一気に押し込み、
食べようともがいている。


がんばれ~!
その鶏肉を始末してしまえば、罰金は無くなる。



僕らは夢中になって、Mちゃんの行動を見守った。

がんばれ~っ。

「食いちぎれ!」

「そこだ、噛め!噛め!」

「飲むんだ!飲むんだ、M!」

あっちこっちから、声援が飛ぶ。


↑必死で声援を送るサポーター。「僕達がついている」



今までは敵(と勝手に思っていたが)だった、店員さんまでも一緒になって応援してるではないか。
その場はすごい、Mコールに包まれた!

エーム!エーム!エーム!エーム!エーム!
エーム!エーム!エーム!エーム!エーム!

エーム!エーム!エーム!エーム!エーム!エーム!

すごい!

みんなのために、食べてくれ!
そして、飲むんだ!飲み込むんだ!


がんばれ~っ!!!!!!

苦しそうにもがくM
頼む、がんばれ、がんばってくれ!

噛んでる。
そう、よく噛んで。

そうだ、その調子だ。

ごくん…。



Mの喉が鳴った。

やった~。
やったぜ~っ。

僕らは、勝ったんだ。
勝ったんだ!



このMちゃんの活躍で、僕らは罰金から逃れた。


だから、無事にバスに乗れて帰路に着いたのだ。

その後、しばらく、鶏肉をみるとこの事を思い出してしまって、食べたくなかったのは言うまでもない。


(※多少"思い出"補正で話にアレンジが加わっているかもしれませんが、大体の流れはこういう感じでした。)


余談ではあるが、その後、何日かして、その"○の里"という店は、食中毒を出して営業停止になった。


そんな食中毒を出してしまうようなお店の、生の鶏肉を食べたMちゃんの腹の具合がどうだったのかは覚えてないが、
それから、僕はその店には一度も行ってない。

僕は、喰い放題というものを見るたびに
その事を思い出してしまうのであった。


(完)

■食い放題事件Ⅱ■

(つづき) 食い放題事件Ⅰへ

中学生時代、野球部の仲間で食い放題の店に行った。

値段は忘れたが、すごい安かったのを覚えてる。
2時間食い放題。



食べ盛りの僕らには絶好のシステムだった。

まだ時間はある。
皿にドカドカ盛って、席に戻り、
さぁ焼くぞ~っ!って時に、
店員さんが言った。

「バス、あと10分で出ますよ!」

え~っ。w('o')w

ちょ、ちょっと待ってくれ!!!


送迎バスでこの店までやってきた僕らは
当然、帰りも送迎バスである。

そのバスの本数はすこぶる少なかった。
そのバスを逃すと、長い事待たないとダメである。
ちょっと記憶は確かじゃないけど、
もしかしたら、

そのバスが最終だったのかもしれない。

その言葉を聞いた僕らは一瞬、しーんと静まり返った。

会計の時に、皿に肉が残っていたら、

罰金である。



もちろん、そんなのごめんだ。
いや、その前に中学生の僕らにそんな余分なお金は無い。

しかし、あと50分くらい残り時間があると思っていた僕らに
突きつけられた現実。

あと10分。

お皿にはまだまだ食料がてんこもりである。




ど、どうしたらいいんだ!!


僕らがとった行動とは…?


そう、

やけ食いであった。

とりあえず、焼け、全部焼け~っ。
火力も最大だ。

えっほ、えっほ!

せかせかと肉を焼き始める。
野球部のため、チームワークは良かった。

「食え~。焼けたのから、片っ端から、食え~。」




がんばった。
みんな、とにかくがんばった。

しかし、さすがにもう時間がない。

ど、どうしよう…。


こうなったらしょうがない、
ちょっとずつ、隠そう。
この皿に残りまくった食料を店員にバレない所に隠すしかない…。

僕らは、肉を色々な所に隠し始めた。
焼いてる網の下に落としたり、
植木に埋めたり…。
トイレのゴミ箱に捨てに行ったり。


しかし、それにも限界というものが存在する。

「あ~、これ、どうしよう!これは無理だ!!」

後ろから誰かが叫んでいたので、そちらに向き直ると
そっちで焼いていたグループのテーブルの皿に、
ど~んと、
大きめの鶏肉が残っていた。

ケンタッキー・フライドチキンの肉の手で持ちづらい方の肉の形と大きさ。
そう言えばわかりやすいであろうか?



それくらい大きい肉であった。
その鶏肉は厚みがあるために、
なかなか焼けない。
そして、大きいために隠す場所も見当たらない。

とりあえず、網で焼いてはいるが、もうタイムリミット寸前。
バスが出る時間が迫っている…。

もうダメだ…。
こんなでかい鶏肉…、焼けっこないよ…。

諦めかけた、その時…。

一人の仲間が立ち上がった!!


彼はMちゃんと言った。
体型はやや太め。


しかし、その時ほど彼を頼もしいと思った事はない。


そのMが、おもむろにその鶏肉(生)を野生児のように叫びながら
そのまま口にほおり込んだのだ。


うお~っ!!!


(つづく) 食い放題事件Ⅲへ

ちょっと力んでみた。

つ~か、つ~か、w(*゚o゚*)w

ちょっときばって、
クラフィのホームページのトップとか更新してみたから、
さりげなく観てください。

クラフィホムペ

ちょっとかっこよくなったのよ、これ。( ≧m≦)σ

観てケロ!観てケロ!
by スターフォックスのカエル

何気に、俺はスターフォックスはスーパーファミコンのが
一番いいと思う。

他のほぼやったことないけど。




終わりんこちゃん。▼*゚v゚*▼テヘッ

もう寝る。ドテッ(ノ_ _)ノ

わーい。わーい。

ペペロンチーノ。


プロフィール

ジンタ

Author:ジンタ
バンド“ひみつきち”のギターでリーダー。“クラフィ”のVo.&Gt.
詳細プロフィールはコチラ
Twitterジンタ アカウント
2003年09月3日(水)開始
同月26日から2016年10月まで、12年間毎日更新。
2015年10月から不定期に。

Podcast
バンド“ひみつきち”のPodcastはじめました!
■iTunes Store
1400x1400_fix.jpg


ひみつきちブログから聴く場合はコチラ


妄想のクラスで先生が雑談するPodcastはじめました!
■iTunes Store
1400x1400_fix.jpg


Seesaaブログはコチラ
記事リスト
2006年04月の記事
→次
最新コメント
Twitter
FC2カウンター
友達ブログ更新履歴
月別アーカイブ
10  09  11  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 
リンク
ブログ検索
甚太郎オススメ
Amazonお買い得情報
Amazonリンク