FC2ブログ

26日 順番ってものがある。

ドラクエ9が破竹の勢いの売り上げみたいで、300万本突破って話だ。
すごいなぁ。

1247792261.jpg

周りでもチラホラやってるとの声を聞く。
そして、面白いとの声。

とってもやってみたいけど、今は結婚式前なのでゲームにハマったらまずいって事で、自粛してる次第である。

恐らくやるとしたら結婚式が終わった10月位ではなかろうか。
夫婦でお互いにそれぞれが一個ずつ買うのではないだろうか?
だってセーブデーターがひとつのドラクエ9で一個しか出来ない仕様になってるって言うじゃないか。

卑怯なり!卑劣なり!

協力プレーはどうなんだろう。楽しいんだろうか。
喧嘩にならないだろうか?(笑)

協力プレーと言えば、Wiiの『スーパーマリオギャラクシー』に一年程前に二人でハマったものであった。
甚太郎日記 銀牙。参照)

09227115.jpg

マリオはしっかりクリアーしたのよね~。これは相当面白かったですよ。
スーパーマリオの最高傑作と呼ばれている64版を越えたんじゃないか!って言われてる出来でした。


そういや、ドラクエ9やる前に、『ドラクエソード』やってないじゃないか。
Wiiのソフトは買ったら絶対にクリアーしよう!って決めていたんだけど、結局他のゲームやっちゃったって言うね。

229b7a31c9978b1784420443b0001a6c-Dragon_Quest_Swords__The_Masked_Queen_and_the_Tower_of_Mirrors.jpg

これだからダメなんだな。いつも中途半端だ。
よし、絶対にクリアーしてからドラクエ9やるぞ。

声高らかにそう宣言したのであった。




今日の所は以上で~す!

25日 謝罪会見。

「いや、騙すつもりはなかったんです。」

しかし、誰が見てもアレはそう解釈しますよね。

「そうですね。確かにそうです。でもちょっとした冗談だったんですけどね。」

冗談ですか?


「はい、ジョークってやつです。
いや、いつも自分目線ばっかりで書いているので、ちょっと違う人の立場から書いてみたらどうなるのかなって思って。」

それがあの文章だったと。

「はい、そういう事ですね。」

つまり、アレは全部ジンタヤスタカさん。貴方が書いたものであると。

「そうです。全部俺が書いたものです。
何か各方面で反響があったみたいで、ちょっと心が痛んだのですが。
全部俺です。

わざとらしく書いたから、みんなわかってくれるかなって思ったんですけどね。」

最後に【アキ】と書いたら誰だってアキさんが書いたって思いますよね。

「そりゃそうですよね。
今考えると、もっと伏線というかヒントみたいなものを組み込んでいたら良かったですね。
良く読んだら実は俺が書いたものだって事がわかる!みたいな。」

アレには全くそういうものがなかったですよね。

「はい。全くもって。
大体あの文章を真面目にアキ姉が書いていたとしたらなんか怖いじゃないですか?
さらに、それを俺のブログに載せるなんて。
そんなノロケじみた事、ちょっと恥ずかしくてね~。」

なるほど、じゃあ最後にみなさんに一言よろしくお願いします。

「みんなどういう反応するかなぁ。と、ちょっとした遊び心でした。
すぐに気づいてくれるかなって。
でも意外にみんな信じてくれちゃうものなんですね。
今回真面目にあの文章に感動してくれた方もチラホラいたみたいんですけど、その人達には謝ります。

ごめんなさい。m(_ _)m




というわけで、改めてアキさんが書いた振りをしたその日記をどうぞ
甚太郎日記 18日 背中。


24日 ウルトラB

なんか赤ちゃんがどうのこうのという話をしていた時に、俺が奥さんに突っ込んだ。

「それじゃウルトラBじゃんか!( ≧m≦)σ」

すると奥さん、ポカーンという顔をしてる。

「ま、まさか!w(*゚o゚*)w ウルトラBを知らないんじゃ????」

「うん、知らない!」

「な、なんだと~~~~っ!!!!!」


ちょ、ちょっと待っとけ~っ!


僕はウルトラBというものを教えるためにパソコンのキーボードを叩いた。
検索だ!!!

ウルトラBと言えば、あの藤子不二雄の作品のひとつだ。
ちょっとマニアックかもしれないが、その昔、『藤子不二雄劇場』やら『藤子不二雄ランド』というアニメ3作品をやる番組でやっていたような記憶がある。

超能力を持った赤ちゃんが主人公の作品だ。空を浮いたり出来る能力を持っていたような気がする。今考えるとサイボーグ009の001(イワン)と設定が被ってるようなも気もするが。

【ウルトラB】

そう打ち込んで、僕は画像検索でEnterキーを叩いた。
「さあ、来い!」


しかし、僕の思惑とは裏腹に、検索されて出て来た画像は予想していたそれと全く違っていた。



↓それがこれだ!!
40840318_20090725233701.jpg

ウルトラB級雑学検定。

違う!
違うんだ!!!

これじゃない!!!


まるでバードマンのように俺は「ズコーッ!!!」とコケた。


なんて事だ。

↓本当はこんなハイカラなイカす赤ちゃんなんだよ~。
0_3.jpg

間違うんじゃない。


ちなみにサイボーグ009の一人、001 イワン・ウイスキーがこれだ。

001_20090725234036.jpg


今日の所は以上です。


23日 僕が新居をここに決めた本当の理由。

この新居に引っ越して来てからはや2ヶ月半が過ぎようとしている。
この物件は、立地、広さ、金額などなど、さまざまな好条件が重なった結果決めたものであった。


しかしながら、実は最終的に「ここだ!このマンションにしよう!」と決めたのは【ある理由】があったからなのであった。今日はそれを紹介しようと思う。


もしこの物件に引っ越ししたとして、ひとつだけ引っかかる事があった。
それは自転車だ。

通勤時、この物件は毎日駅まで自転車で行かなくてはならない距離である。
じゃあ自転車をしっかり置けるのか。
まずこのマンションに駐輪場はしっかりあった。

じゃあ駅はどうだ。

小田急線の登戸という駅はわりと交通の要のような場所だ。
JR南武線に乗換えが可能なので、わりと乗車客数とか多い駅な気がする。

駐輪場に空きはあるだろうか?

実際、僕は実家である新百合ヶ丘駅そばの駐輪場を月極めで借りる時に、1、2ヶ月ほど空くのを待ったものであった。

登戸駅は大丈夫なのだろうか。

そんな事が頭の片隅にあったある日、駅周辺を二人で歩いていた時に変なものを見つけた。
駅の傍らにビルみたいな建物があったのだがどうもそこの看板に駐輪場と書いてある。

CIMG2868.jpg

「あれなんだろう。あの建物駐輪場って書いてあるよね?」
「うん、ちょっと気になるから見に行こう。」

普通に駐輪場のビルなら珍しくないのだが、その建物には人が自転車を押して入って行けるような入り口が見当たらない。
その代わりに、エレベーターのドアみたいなものがある。

「あ、もしかしてこの建物はエレベーターで自転車を押して昇って行くのかな?」
「おおおお。そうだそうだ。きっとそうだ。」

CIMG2864.jpg

でも、人が入るにしてはエレベーターのドアは異様に低いものであった。
人がかがまないと入れなさそうだ。

「どうすんだろうね。これ。」

って所に丁度自転車を押した人がやってきた。どうやらこの駐輪場に自転車を置きに来たようだ。観察しよう。そうしよう。

その人はおもむろに自転車をエレベーターのドアの前のレールのような所にセットした。
そして、ドア横にあるスイッチをポンと押した次の瞬間、僕らは目を疑った。

「え~~~っ!!!!!あ~~~~~~~~~っ!!w(*゚o゚*)w」

エレベーターのドアが開いた。
そして、アームのようなものが中から伸びて来て自転車を挟み、そして中に引っ張って行く。
エレベーターの中に自転車が入った所でドアが閉じた。


↓これは実際に俺が自転車を格納する様子を撮影したものです。
YouTube - 駐輪場 入れてみよう


な、なんて事だ!!!w(*゚o゚*)w

自動だ。自動で自転車が格納されたのだ。
すごい。

って感動していたら、今度は自転車を引いてない手ぶらの人がこの建物にやってきた。

(も、もしや!!!)

その人はバッグからカードを出し、エレベーター横のカードリーダーにピピっと通した。
思った通りだ。
10秒程経って、エレベーターが開らき、自転車が出て来たのだ。


↓実際に俺が格納してある自転車を出す様子をアキ姉に撮影してもらったもの。
YouTube - 駐輪場から出してみよう



こ、これはすごい。


もうここに決めた~~~っ!!!

そして、こんな駐輪場を使えるのなら、もうこの物件に決めた~~っ!!!


『この駅の周辺の物件にしたら、いくらでもこの駐輪場が使える』という考えは完全に頭から消えていた。
もはやこの物件しかない!
そう思い込んだ後の行動は早かった。

あっという間に駐輪場と契約を交わし、そして物件も契約してしまった。


僕らが新居を決めた本当のエピソードはこれであった。


以上、物語は終わりじゃ。




22日 ハ!

【ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破】を観に行って来たのでした。
俺らが映画に行くと言えば新百合ヶ丘のワーナーマイカルに出向くのが定番。

1月に観た『感染列島』以来、もう半年になるのかぁ。早い!あっという間。

新百合ワーナーでは俺らはポップコーンとナチョスを頂くのが定番だ。

↓写真はネットで見つけた画像です。でもこんな感じ。
p2.jpg

ポップコーンには溶けたバターをタラ~っと掛けてくれてくれるので美味しさが飛躍的にアップ。
そして、ナチョスにはチーズを付けて食べるのが定番だ。朝飯を抜いて来たのはこれを食べるため。
朝9時25分という早い回のを観に来たんだけど、チケット売り場では夏休みに入ったからなのか、すでに行列が出来ていました。
もうピークが過ぎたのかエヴァを観る人は少なかったッス。


さて、内容というか感想をネタバレしない程度に簡潔に言わせてもらうと、
「やっぱり面白かったし、すげかった!」

今回は非戦闘シーンでの日常的なシーンもしっかり語られていてね。
やっぱりなんだかんだと平和な時って和むんですよね。
このまま使徒とか忘れてシンジ君達に楽しんでもらいたいなぁって思うくらいにホノボノするシーンが割とあって良かったです。

CIMG2860.jpg

あとそれと同時に、第三新東京市って言う場所がテレビ版の時より、より一層詳しく描かれていてそういう所も非常に良かったですね。すごいその世界がリアリティを感じるものになってました。たまに実写かと思わせるような細かい描写もあったりしつつ、そういう所もしっかりツボ押さえてくれてまーす。

全く前情報を入れて行かなかった分やっぱり楽しめたッスね~。

テレビ版の最終話26話で、もうひとつのエヴァの世界が語られるシーンがあったんですけど、シンジ君がお父さん・碇ゲンドウと母親・ユイさんと一緒に暮らしていて、遅刻寸前で家を飛び出して行く時に幼馴染のアスカが迎えに来て、慌てて二人で走ってるとトースト咥えてダッシュしてきた綾波レイとシンジ君がごっつんこして…。

アレってなんか好きだったんスけど、そういう感じで今回の映画版も、またひとつのエヴァの形として俺はすごい楽しめたので、それを納得出来るか出来ないかが観てて楽しめるかって所が問題になって来るかもしれないッスね。

そういう感じでまた次が楽しみッス。

うひょひょ。( ≧m≦)σ

プロフィール

ジンタ

Author:ジンタ
バンド“ひみつきち”のギターでリーダー。“クラフィ”のVo.&Gt.
詳細プロフィールはコチラ
Twitterジンタ アカウント
2003年09月3日(水)開始
同月26日から2016年10月まで、12年間毎日更新。
2015年10月から不定期に。

Podcast
バンド“ひみつきち”のPodcastはじめました!
■ひみつきち全員集合
1400x1400_fix.jpg


ひみつきちブログから聴く場合はコチラ


妄想のクラスで先生が雑談するPodcastはじめました!
■ジンガク2
1400x1400_fix.jpg
■ジンガク 〜妄想学級〜
1400x1400_fix.jpg


Seesaaブログはコチラ
記事リスト
2009年07月の記事
←前 →次
最新コメント
Twitter
FC2カウンター
友達ブログ更新履歴
月別アーカイブ
06  09  11  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 
リンク
ブログ検索
甚太郎オススメ
Amazonお買い得情報
Amazonリンク