11月30日(月) 白い巨塔とHERO

最近、平日昼間にフジテレビで『白い巨塔』の再放送をやってましたね~。

61TNCPX4SXL.jpg

前観た時はあまり感じなかった事がひとつありまして、ちょいと書いてみようかなって思ったのでした。

物語の後半の山場となる話で、医療ミスをしたとして大学病院の財前教授(唐沢寿明)が、死んでしまった患者の遺族に訴えられる話がある。
財前は権力で、局内の医師・看護士の口を封じて『カルテの改ざん』までも行い証拠を隠滅する策に出て裁判に挑む。


↓被告人として法廷に立つ財前教授(唐沢寿明)
クリップボード01


実際、大学病院側としてもこれを医療ミスと認めてしまっては始末が悪いと、学長も動いてあらゆる方向にはっぱを利かせて全てをもみ消そうともくろむ。


そんな中、江口洋介演じる里見助教授が遺族側の証人として裁判に立とうとする。


クリップボード02


訴えられた財前と里見は同期。
そもそも前々から里見は患者のガンの転移を疑っていて、財前に検査するように促していたが、財前はかたくなにこれを拒んでいたのだ。

その事実を証言しようと、法廷に立とうとしていた。


そもそも大学病院の人間である里見が患者側に付くという事事態が普通だったらあり得ない話である。
しかし里見(江口洋介)は真実を話したいだけだった。


しかし、その真実を貫く時に多くのものを失う危機に直面する。

人生をささげていた大学の研究。

「患者側の弁護に立つようなら、大学病院からも出てってもらう事になる。研究も出来ないようにしてやる。」
学長にそう通告される。

しかし意志を貫き、患者の弁護に立とうとする里見。


大学病院を追われるという事で、里見は妻にまでにも引き止められる。

「お願いだから証言には立たないで。今の生活が幸せで、それを壊してまで証言に立つ必要があるの?」
と泣く妻。



そうだよね。そうだよね。ここまで築き上げて来た地位を捨ててまで証言に立つ。
大学病院の整った施設で研究を出来るってそうそう出来る事じゃない。それを失ってまで得るものってあるのだろうか。
失うものの方が大きいんじゃないのか?


その時頭の中をあの曲のフレーズが流れた。
そう。
ミスチルのHEROである。

「♪例えば誰か一人の命と 引きかえに世界を救えるとして
  僕は誰かが名乗り出るのを待ってるだけの男だ

♪愛すべき沢山の人達が 僕を臆病者に変えてしまった」


愛すべき家族との生活を犠牲にしてまで得るものがあるのだろうか。
相当な葛藤があったと思う。
もし俺が江口洋介と同じ立場だったら確実に自分の地位、家族との生活を守る方に回ったと思う。
なにより怖くて権力に歯向かう事なんて出来ないのではないだろうか。


しかし最終的に里見は証言台に立つ事を決断した。

そして、大学を追われ、そして妻にも出て行かれてしまう。


こうやって権力によってもみ消されてしまう事なんて本当に沢山あるんだと思う。
実際、警察内部でもこのような事件があったじゃないか。


里見先生は家族を捨ててまで証言に立つ必要があったのか。
ドラマ的にはかっこ良いが、家族を持ってる人達からしたら家族を優先させて欲しいって思ったのではないだろうか。


俺もこうやって家庭を持った。
子供が生まれたりした時にまた改めてこのドラマを観たい。


その時どのような感想を得るのだろうか。
楽しみである。




ついでにと言ってはなんだけど、この『白い巨塔』には【大地の子】で大好きになった上川隆也も遺族側の弁護士役と言うかっこ良い役どころで出演である。

素敵だ。


10066571513_s.jpg


うひょひょ。( ≧m≦)σ


11月29日(日) ラピュタと俺と奥様。

先週うちの奥様が金曜ロードショーの『天空の城 ラピュタ』を観たい観たいと言って、その日の夜にやろうとしていた事などを前倒しにしたりしていた。
『ラピュタ』のためにスケジュールを変えるというのもすごい話だ。

41FFFF2YZ8L_20091124234811.jpg


アキ奥様は『ラピュタ』はもう何十回と観てるだろう。
なのになぜまた観てしまうのか。
DVDとかで借りてまでは観ないのに、なぜこうやってテレビでやってると観てしまうのか。
不思議であるが、それもラピュタの魅力たるゆえんであろう。

かくゆう俺も、クラフィの新曲のデモを作らなければと思って「絶対に観るもんか!」と思っていたのだが、意志はもろく、ほぼ全編観てしまったと言う軟弱な精神っぷりだ。

俺の部屋でギターを弾いてると和室から『ラピュタ』の音声が聴こえて来るのだ。
「あ、今はあのシーンだ。じゃあドーラ達がそろそろ来るぞ!!」
とか気になって気になってしょうがない。
何気にテレビというものは魅力的だ。前日は全日本男子バレーボールに夢中でこれまたギター練習がおろそかになったと言うダメダメっぷりだ。


二人ともよーく『ラピュタ』を知ってるから、テレビで話が進む前にどんどん先を言い合う。お互いに知ってるからそれが楽しかったりする。

「あ、ここで落ちちゃうんだよなぁ。二人とも。で、パズーが言うよ。あのセリフ!」
「あ、ムスカがドレス持って来るんだよね。」


しばらく観てるとひとつの有名なシーンが来た。

ムスカに捕らえられたシータを海賊ドーラ達と一緒にパズーが助けに行く前のシーンだ。

パズーが叫ぶ。
「おばさん!!!僕も連れてってよ!シーターを助けたいんだ!!足手まといにはならない!!」


そして、夫婦で言い合う。
「あ、ドーラがここで『5分で支度しな!』って言うんだよね?」と俺。
「え?3分じゃなかったっけ?」とアキ姉。

で、テレビに注目。

ドーラーが叫ぶ。

【40秒で支度しな!!】


snapshot20080104010718.jpg


40秒かい!!!!!( ≧m≦)σ

早いなぁ~~~っ!!!


こんな感じでお互いの記憶を頼りに楽しみながら見てるとホントにあっという間だった。
『ラピュタ』素敵だ。

まさに
【いいっ!】
である。



そして、映画が終わった後にふと思った。

「ん?そういや『ラピュタ』って昔実写のCMがあって、なんか飲み物のやつじゃなかったけ?
で、『ラピュタ』の歌が流れてなかったっけ?すごいポップなメロで
♪もしも 空を 飛べたら~~~~
みたいな歌詞で」

と、思ったら即ネットで調べるのである。


あった。


yinryo.jpg



そうだ。これだ。これだ。20年以上前にCMで見た、しかも短い期間だったと思う。
そのメロを未だに覚えていて、そのまんまのメロディだったことが嬉しかった。



YouTube - CM「天空の城ラピュタ」(実写版) 1986年


そして、思い出した。
このドーラ達が乗ってるトンボみたいな乗り物。

フラップター

FLP01.jpg


誰しもこれに乗りたいと憧れるであろう。

俺もどうしてもこれを操縦したいって思ったものだ。

パズーがシーターを救いに行くあのシーンは圧巻だ。
音楽もすごい良い。

ウィキペディアで調べるとミニマル・ミュージック(Minimal Music)というものらしい。


で、そのトンボのような乗り物『フラップター』である。


当時、まさにこれからスーパーファミコンが発売されようって時期だったと思う。
そのスーパーファミコンが出て発売されるソフトのラインナップみたいなものがファミ通で紹介されていたのだが、その中のひとつに【ドラゴンフライ】という仮タイトルのゲームがあったのだ。

その画面写真を見ると、どう考えてもこの【フラップター】らしき機体が空を飛びまわってるシューティングゲームだったのだ。

俺は興奮した。

スーパーファミコンってこんなゲームも出来るんだ。すごい。欲しい。

そう思っていたのだが、結局開発の段階で何が起こったのかは知らないが【ドラゴンフライ】は無くなって、【パイロットウイング】というゲームになって発売されたのであった。

こんな事覚えてる人はそうそういないんじゃないだろうか。

ネットで調べても出て来るのはこれくらいだ。

パイロットウィング最高 2ch
┗このスレッドの55番を見て欲しい。確かに【ドラゴンフライ】というゲーム名があったと記憶してる人がいる。



と、まあ記憶を頼りに書きまくったけど、その当時の記憶が一気によみがえった。

すごい。
『ラピュタ』はやっぱりすごかった。

そして、最後にこの動画を紹介したいと思う。

『ラピュタ』はやっぱりすごいんだって思う…かも。



日本の映画オタクが選んだ史上最高の映画ベスト100!‐ニコニコ動画(9)





れとろげーむまにあ: ゲームのキャラで天空の城ラピュタを表現してみた
┗この記事も好きなのでぜひぜひ。


11月28日(土) かっこ良いじゃん。

Zガンダムの百式ってモビルスーツの画像がなんだかかっこ良いって突発的に思ったんです。


b092da78.jpg


シャアって言ったら赤だろうが。
って昔はこの金色のモビルスーツって大して好きじゃなかったんスけどね。なんだか今熱いものがある。


↓きゃ~素敵!
1c615c02.jpg


↓わおわお。超いいよ。超いいってば。
4ca50616.jpg


リッチーコッツェンのZガンダムの主題歌でも聞いておこうよ。


YouTube - Go Beyond The Time Z Gundam

11月27日(金) この日記を振り返る。

甚太郎日記。

僕にとってこの甚太郎日記はライフワークのようなものになってしまっていて、なんつーんでしょう。もう話したい事伝えたい事が沢山なんですよ。くだらない事ばっかりッスけどね。うひょひょ。( ≧m≦)σ

でもホントに多すぎて多すぎて。まだまだ書きたいネタとか山積みよ。

例えば

・僕が編み出した溶接の裏技
・うちの近くのコミュニティーストアーがすごい
・スケバン刑事は今もデカだった
・昔、中学か高校の時に姉とお互いに髪の毛をカットしあったのだが…。
・家賃2万円の所に住んでた友達
・ドラクエの違う意味で泣ける話
・長崎ちゃんぽんが嫌いな理由
・在宅ビジネスをやろうとその会社に電話をしたら…。

などなどね。


毎日を克明に書く事、これが俺にとって楽しくてしょうがない。日々思った事起こった事をつづって行く事。
適当でおざなりっすけどね。

なんだかんだと甚太郎日記は、正式に書き始めたのはどうやら2003年9月の『魔法のiらんど』というホームページ時代の日記からっぽい感じだ。


↓まだその時の日記が存在していますよ。
クリップボード01


もっと振り返ると、クラフィ掲示板ってものを一番最初に作って、それに勝手に日記として書いたのがネットでは一番最初だから、2003年5月位かなって思ってます。

約6年書き続けてるって事になりますね~。
非常に適当ッスけども。


さらにもっと振り返ると、高校時代の教室の僕の机にスケジュール表みたいのを常備していたんスけど、一週間の。
それに日記みたいにつづっていたのがなんか始まりかもしれないッスね。
その頃に『甚太郎日記』ってタイトルだったんスよ。

もともと好きなんですね。たぶんこういう書く事が。
それがパソコンで書けるようになってブレイクしたって感じッスね。
文字を紙に書くのは好きじゃないので。


これから環境が変わったりして、めちゃくちゃ忙しくなったりしても書けたらいいんスけどね~。

続けて行きたいです。

うひょひょ。( ≧m≦)σ


11月26日(木) ようすを見ている。

衝動的に欲しいものを購入って事が最近少なくなってきたように思う。
ちょっとは大人になったのか、スレてきたのか。慎重になったという意味で。

ずーっと前に書いたんスけども、【iPhone(アイフォン)】が気になってます。
AUに見切りをつけようかなって所まで来てるって言うのもあったりして。

iphone003.jpg


なぜiPhoneなのか。

iPhoneがすげーって事は、調べれば調べる程にわかってきたものなんスけどね。

やっぱりAUからソフトバンクになるって事がね。
慎重になるってものッスよ。

これにも本当に色々あって。調べまくったんスけどね。

で、AUショップにもソフトバンクショップにもすでに言ってきて、色々聞いて来たんスよね。


今は、他社から乗り換えたら電話番号はそのまま引継ぎ可能だったりするじゃないッスか。
その時にソフトバンク側は五ヶ月基本料金が無料になったりとね。

でも新規だと事務手数料が高い事実とか、AUの解約料と番号引き継ぐための手数料もかかります。

色々、まだ完全に踏み切るには問題もいろいろあるので、二の足踏んでる状態ッス。

もうちょっとだけ粘ったら、次世代のiPhoneも出るんじゃないだろうか?とか。
あとOSがバージョンアップするだけでまたパワーアップ度が違うとか。

本当に色々なんです。
かなり今俺iPhone持ってない癖に詳しいッスよ。

だってソフトバンクショップの店員さんに知識で勝ちましたからね。いや本当に。

「ここはこうなんですよ。」
「いや、違うと思いますよ。これはこうなはずです。」
「え?そうでした?あ、ちょっと聞いてきますね。」


か、勝った。

とか、そんな話はどうでもいいんスけどね。


iPhone

でもいいなぁ。iPhone。


わおわおっ。
(〃▽〃)

プロフィール

ジンタ

Author:ジンタ
バンド“ひみつきち”のギターでリーダー。“クラフィ”のVo.&Gt.
詳細プロフィールはコチラ
Twitterジンタ アカウント
2003年09月3日(水)開始
同月26日から2016年10月まで、12年間毎日更新。
2015年10月から不定期に。

Podcast
バンド“ひみつきち”のPodcastはじめました!
■iTunes Store
1400x1400_fix.jpg


ひみつきちブログから聴く場合はコチラ


妄想のクラスで先生が雑談するPodcastはじめました!
■iTunes Store
1400x1400_fix.jpg


Seesaaブログはコチラ
記事リスト
2009年11月の記事
→次
最新コメント
Twitter
FC2カウンター
友達ブログ更新履歴
月別アーカイブ
10  09  11  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 
リンク
ブログ検索
甚太郎オススメ
Amazonお買い得情報
Amazonリンク