新曲デモ「HELLO CASTER!」について。 2016年5月17日(火)

HELLO CASTER!


Logic Pro Xを扱い始めて4ヶ月。頭の中のアイデアを形にし続けてる中、また新曲作りました。
「HELLO CASTER!」というこの曲、歌詞はちょっと凹んでるPodcast配信者さんを励ます方向の内容にしました。

最近、シンセメインのテクノ寄りの曲ばっかり作っていたんですが、今回はギターロックでバンド寄りかと思います。


曲はコチラ
HELLO CASTER![Logic Pro X] [桃音モモ]





仮タイトルは「ヒムロック」、「HELLO CASTER!」が出来た経緯


◯最初に思いついたのがサビへの転調
バンド「ひみつきち」が立ち上がった2011年に家でギターを弾いていて偶発的に出来た曲です。
[Aメロ]→[サビ]へ転調する流れが突然できて気に入って、簡素なドラムとギターと歌を入れてすぐにデモを作ってスタジオで聴いてもらった経緯があります。
良い反応はありましたが、その時はバンドでプレイするまでは発展しませんでした。

サビが氷室京介の曲に似てると思いつつツッコミもあり仮タイトルは「ヒムロック」



◯キーとアレンジ
そのまま曲は寝かしていましたがやっぱり好きなフレーズだなぁと思って今回形にする事にしました。

5年前の僕は音楽理論を軽んじていて、キーも把握してなくて、どの調からどの調に転調してるのかもわかってませんでした。
改めてコピーし直してみたら、今だと弾き始めないコードで、思いもしない転調。やはり「無知のパワー」と可能性はすごいなぁと思いました。

ちなみに[E♭(Cm)]で始まり[C(Am)]に転調してます。
意表を付いた転調のつもりですが、理論に沿ってるのか良くわかりません。



◯頭の中で出来ていた間奏とギターソロ
間奏やギターソロのフレーズは当時は形にはしておらず、頭の中では組み上がっていたもので、そのままイメージ通りのアレンジになったかと思います(ちと長いけどまあいいや的な)
僕のクセの[maj7]の2つのコード(おそらくⅠ[トニック]とⅣ[サブドミナント])が行ったり来たりするやつです。

ギターソロのフレーズは最初はシンセで代用してましたが、やはりギターの音がドンピシャでハマった気がします。
大したフレーズじゃないですが何度も録り直してます。それなのにチョーキングの上げが足りてないですよね。まあご愛嬌で。


◯最後のサビへの3度上げの転調
最後の最後のサビで3度上がるという転調をしてます。
最初は転調しないアレンジだったんですが、ギターソロ後にブレイクを入れ落とし気味のサビの歌メロを入れたアレンジにした事で、その後はやはり盛り上げるために転調だろうと。

定番の二度上げかと思ったんですが、3度上げる事でキーが[E♭]に戻り、そのままイントロのフレーズに繋げるという偶発的な奇跡が起きました。全然狙ってないです。




◯歌について
実は当初は自分で歌うつもりで歌録りもしてました。
そして最後の3度上げの転調はキーが高すぎるため、デジタルの力で[C]で歌ったサビメロディを[E♭]に上げてしまえば良いと思っていたんですが、いざやってみるとすごい違和感なんですよね。自分の声が実際には出ない音域を歌ってる気持ち悪さ。というか笑いが起きそうなレベルで。

なので諦めて桃音モモちゃんに歌ってもらってます。


◯音圧について
音数は結構シンプルで少なめです。
ギターが1本の所、サビでも2本。

今回、ドラムとベースを結構「前に」出したつもりなんですけどどうでしょう。
この音圧稼ぎも何曲か作ってきてだんだんわかって来た感じがします。
ちょっと前に作った曲のミックスはやり直したいとか思うくらいに聴きづらかったりするので、ノウハウは身について来たかもしれません。



◯サビ前のドラムフィルについて
サビに入る前に一小節まるまるのドラムフィルがありますが、これはこの曲の中で非常に大事な部分だと思ってます。
以前作ったラフ版の時に使っていたドラムエディターにプリセットされていたフィルがすごいハマっていて、
今回のLogicにはプリセットで良いものが無かったので自力で耳コピして打ち込んで作りましたがどうでしょう。
聞き直してみると、どうも”タム”と”スネア”の叩く位置が逆になってしまってますねー。






「HELLO CASTER!」の歌詞について


僕は曲が先に出来て、後から歌詞を書く「曲先」なんですが、この曲もそうです。

当初予定していたのが「著作権が存在しないフリーの歌詞」を流用する事。
とにかくデモなので「歌詞は面倒なのでテキトーでいいや!」と思ってフリーで転がってる歌詞を当てはめて行ってたんですが、当然この曲に合わせたものじゃないので削ったり足したりしてほぼ別物になりかけていた所、

「やっぱ、自分で書いた方が早いわ!」となり

じゃあ内容はどうしようかと悩んでいた所、Podcast配信のお友達であるモチオさんが「リスナーからの心無いメール」で胸を痛めてる話を思い出して、それを励ますような歌詞にしようと決めて書きました。

ちょっと悲壮感が漂う悲しげな始まり、サビは勢いがあって怒りの感情も入れやすいかなぁと思ったので。

テーマが決まると結構サクサク書けるもので、韻も活かしつつそこそこ想いは書ききれたんじゃないかと思います。


ちなみに丁度配信を決めていた日に、Podcast配信友達のナオキさんが同様な事情だと知りまして、気を取り直してもらえたら嬉しいなぁと思いつつYouTubeに上げました。(このタイミングは本当に偶然でした)


うちの番組は痛いメッセージってほぼ無かったんですが、ちょっと前に面倒なのが来たんですよ。ちょっと否定的なやつが。
でも恐らくモチオさんとナオキさんが食らったメッセージに比べたら消しゴムのカスが飛んできたような軽いものですよねー。
それでも嫌な気持ちになったので、僕の怒りの声も当然入っているのです。

歌詞で「バカ」って初めて使ったんじゃないでしょうか。ちょっとドキドキしながら。






という感じで僕の頭の中の【公開音源アイデア集】
実は次の曲もオケは全部出来上がってるんですよ。
ただ歌詞どうしようかなぁって放置してたら、コチラが先に出来上がってしまいました。


それではー。






■ゲーム雑談系のPodcastはじめました!
ひみつきちブログから聴けます!(画像クリック)
1400x1400_fix.jpg


iTunes Storeはコチラ



バンド・ひみつきちのライブ動画がアップされました。(画像クリック)
IKEA_Charlotte_youtube.jpg



tobecontinued_20110707230930_20110709220020_20120616001002.gif

仮タイトルは「中島美嘉」 アニメ「ラブライブ」の曲を作ってみました。 2016年5月3日(金)

アニメ「ラブライブ」1期、2期、映画版と見終わって


この度アニメ「ラブライブ」1期、2期、映画版と全て観終わりました。
「楽しく」「幸せな気持ちになれ」「観て良かった」と三拍子の近年稀に見る良いアニメでした。

さすがこれだけ爆発的に人気が出たのがわかる。笑いあり涙ありの青春ストーリー。
この辺りは多くの方が語ってる通りです。

実はPodcast番組「あにめカフェ」さんのラブライブ座談会に参加させてもらったので、そこで好きなキャラ、好きなシーンや黒い話など(!?)色々語ってますので興味ありましたらどうぞ。

010. ラブライブ! partEX ~座談会1~: あにめカフェ






ラブライブに感化されて曲を作ってみた


というわけでラブライブが良かったので曲を作ってみました。

丁度、鼻歌リストを整理していて良さ気なメロディがあったのでそれを形にしてて「どうせだったらラブライブの感動を曲にしてしまおう」と思い立って作り始めたらコレが結構凝ってしまいました。Logic Pro Xに触れてから一番力が入ってるんじゃないでしょうか。

曲作り、歌詞、PV作りと全工程に20時間くらいかかってます(たぶん)ゲーム一本クリアできるくらいをつぎ込んでしまったと言う。


【ラブライブ】『とある音ノ木坂学院生の日記 』 [オリジナル曲][桃音モモ]






仮タイトルは「中島美嘉」 曲の解説


◯曲のモチーフ
イントロ、Aメロ、サビを録り溜めてある鼻歌リストから合いそうなものを寄せ集めて作りました。
僕はメロディのアイデアが思い浮かぶとすぐにスマホのレコーダーで録って、こうやってたまに聴き返して使えそうなのがあれば曲となるという作り方をしています。

◯インパクトあるイントロを
一番「ど頭の4拍のキメ」は思いつきで足しました。インパクトあるかなぁって思ったんですがどうでしょう。


◯キーについて
例によってキーはC(ハ長調)に変えてしまってます。こうするとわかりやすいので(基本、白鍵のみで弾けるし)
鼻歌のアイデアを全部Cに落としこむというテクニックもわりと最近できるようになった事です。もっと若いころにこういうテクニックがあればと後悔先に立たず。


ボーカロイドに歌ってもらうので歌を入れる時にキー変更はほぼしなくて良いので楽です。自分で歌うとなると、自分の歌えるキーにしなくてはならなくなるので。


◯どこか聴いた事ある風のAメロ
Aメロはいわゆる「カノン進行」です。最近作った何曲かAメロが全て「カノン」という。もはやクセのようになってます。
どこかで聴いた事のあるメロディですよね。何かはわからないけど。まあ定番な進行なので…。
しかしながらC7やE7を途中で挟んだり(ノンダイアトニックコード)、Aメロ後半は「コードそのまま、ベースだけが下がって行く」など単純にならないように自分なりに抵抗をして、やってやった感はあります。



◯サビへの架け橋のBメロ
Bメロのみ鼻歌アイデアで存在してなかったのでAメロとサビを繋ぐために作りました。
ちょっと落とし気味にするのはJ-POPの王道です。
サビに入る直前の一つ前に「E7」が入ってますが、ここにノンダイアトニックコードを入れるのもなんだか最近のクセになってしまってます。


◯王道コードのサビ
はい、サビは「王道コード進行」使ってます(いわゆる今の日本の売れてる曲が多く使うコード進行)

F→G→Em→Am と二回繰り返す

サビメロは鼻歌アイデアにあったものですが、中島美嘉の「GLAMOROUS SKY」っぽいかなぁって思っていたのでこの曲の仮タイトルは「中島美嘉」となってました。完成後に奥さんに聴いてもらうと「GLAMOROUS SKYとは違う」との判断だったのでホッとしてます。(僕は常にメロディが被る事を怖れてビクビクしてるのです)

後半は Fから下って行くパターン
F→Em→Dm→C という、これまた僕が困った時に出る手癖です。


◯全体のアレンジについて
主にバイオリン、ブラス系(管楽器)を使ってアレンジしてます。これも豪華にアレンジしやすいという理由からです。

今回実は下の三点の事に気を遣って編曲してます。

1,オブリガード(歌の合いの手)
2,16分のベースとドラムのコンビネーション
3,楽器の音域をかぶらないように

様々なクリエイターの方々の編曲のコツなどの動画を見まくっていて仕入れた知識を取り入れてますがどうでしょう。

特に歌の音域に楽器がかぶらないようにかなり注意してます。
もっと各音色を際立出せるにはEQに手を出すべきなんでしょうが、さすがにちょっとそれは自信無いですねー。



歌詞は「音ノ木坂学院の生徒」の気持ちになって書いてみた


ラブライブをネタに歌詞を書く → ボーカロイドの女の子が歌う

という事で、僕がアニメで感動したポイントを、μ'sを応援していた音ノ木坂学院の生徒に代弁してもらってる形の歌詞にしてみました。

いわゆる「曲が先にある状態」なのでこれが時間がかかるんですよ。3日かかりました。
そして歌詞が出来ないと全く作業が先に進まないのでストレスもあったり。でも書きたい事は書けたかなって思ってます。


ここまで完成度を高めたんだからという事で動画もきちんとしなきゃなぁと思ってわりと気合入ってます。


また曲に時間をかけ過ぎてしまったので、次はもっとラフに作るぞー。





■ゲーム雑談系のPodcastはじめました!
ひみつきちブログから聴けます!(画像クリック)
1400x1400_fix.jpg


iTunes Storeはコチラ



バンド・ひみつきちのライブ動画がアップされました。(画像クリック)
IKEA_Charlotte_youtube.jpg



tobecontinued_20110707230930_20110709220020_20120616001002.gif
プロフィール

ジンタ

Author:ジンタ
バンド“ひみつきち”のギターでリーダー。“クラフィ”のVo.&Gt.
詳細プロフィールはコチラ
2003年09月3日(水)開始
同月26日から毎日更新。
2015年10月から気の向いた日に更新。

Podcast
バンド“ひみつきち”のPodcastはじめました!
■iTunes Store
1400x1400_fix.jpg


ひみつきちブログから聴く場合はコチラ


妄想のクラスで先生が雑談するPodcastはじめました!
■iTunes Store
1400x1400_fix.jpg


Seesaaブログはコチラ
記事リスト
2016年05月の記事
最新コメント
Twitter
FC2カウンター
友達ブログ更新履歴
月別アーカイブ
06  11  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 
リンク
ブログ検索
甚太郎オススメ
Amazonお買い得情報
Amazonリンク