漫画「三国志」読破。 2013.11.23(土)

漫画「三国志」60巻を読破しました


いや~、読みましたよ「三国志」
前半戦の大筋や登場人物は「天地を喰らう2」ってカプコンのゲームをやった事で知ってる程度で、ちょっと前に世界史をちょろっと学んだ事で中国の歴史にも興味を持ったんで「三国志」も知っておいた方が良いだろうと思って読んでみました。

img_909019_17149559_0.jpg


つ~か、超長げぇ!!60巻は長かった。
なので、主要話じゃないと感じた所はすごい勢いですっ飛ばして読みました。最後の20巻くらいなんて一冊3分くらいで(笑)



で、結局「赤壁の戦い」以降はほぼ知らなかったんですがわかった事をまとめてみますと



・赤壁の戦いはかなり物語の前半であった。
・呂布(りょふ)って結構有名な武将はかなり前半で死亡。
・後半は、劉備(りゅうび)の「蜀(しょく)」曹操(そうそう)の「魏(ぎ)」孫権の「呉(しょく)」の三国の争いとなる。
・劉備も曹操も結構追い詰められてピンチになる事が多かったけど生き残った。
・劉備が「蜀」を手にするのは物語の結構後だった。
・実は黄忠(こうちゅう)って老人武将は結構強かった。中国の「元気な老人」を表すことわざにもなるくらいの人だった。
・漢王朝復興の願いも虚しく、関羽は敵に捕まり打首で死んだ
・一番のライバル的な存在、魏の曹操も病死する
・張飛は部下に暗殺された。(酒が原因)
・劉備も志半ばにして病死。
・その後の意志を諸葛亮孔明が継ぐも魏を滅ぼす事はできず病死。
・魏延(ぎえん)は最後、謀反を起こす嫌なやつであった。
・最終的に、魏の司馬 懿 仲達(しば いちゅうたつ)が力を発揮し、蜀、呉も潰し、普(しん)って国が統一へと繋がったようだ(物語ではここまでは書かれていなかった)




ぶっちゃけ、物語的にハラハラドキドキって感じではなかったんですけど、三国志の話がライトに理解できたから良しとしようって感じでした。



↓最後に「赤壁の戦い」後、曹操が劉備軍が誇る三大武将「関羽」「張飛」「趙雲」に震え上がる名シーンを紹介しつつ
7-1.jpg
7-2.jpg
7-3.jpg

三国志 - 漫画レビュー | ゲームの里


それでは~。



tobecontinued_20110707230930_20110709220020_20120616001002.gif
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジンタ

Author:ジンタ
バンド“ひみつきち”のギターでリーダー。“クラフィ”のVo.&Gt.
詳細プロフィールはコチラ
2003年09月3日(水)開始
同月26日から毎日更新。
2015年10月から気の向いた日に更新。

Podcast
バンド“ひみつきち”のPodcastはじめました!
■iTunes Store
1400x1400_fix.jpg


ひみつきちブログから聴く場合はコチラ


妄想のクラスで先生が雑談するPodcastはじめました!
■iTunes Store
1400x1400_fix.jpg


Seesaaブログはコチラ
記事リスト
最新の記事
最新コメント
Twitter
FC2カウンター
友達ブログ更新履歴
月別アーカイブ
07  11  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 
リンク
ブログ検索
甚太郎オススメ
Amazonお買い得情報
Amazonリンク