【悲嘆】マックナゲットもファミチキも好きな俺が通りますよ。2014.7.25(木)

マクドナルドのチキンナゲット問題


最近ニュースを騒がした中国・上海の食品加工会社が使用期限切れの食材を加工したと指摘されている問題。

2011-11-24-135808.jpg

いやー焦ったね。だって最近「マックチキンナゲット」食べたばっかりだったからね。わはははっ!
よし、クーポン券で安いぜ!なんつってね、バーベキューソースとマスタードソース両方下さい!とかレジで言っちゃってね。

それでファミリーマートもチキンが中国のそこの会社だって言うでしょ。これまた焦ったね。

だって「ファミチキ」好きですからねー。たまに奥さんと酔っ払って電車で帰って来て、駅から歩いてる途中でファミマ寄ってファミチキとお酒を買って歩きながら食べちゃったりしてね。

0400000032495.jpg

まあ今回の件ではファミチキではなく、違うチキンだったみたいだけど。



安いものを食べる時はあるていど覚悟はしてるつもり


マクドナルドもそうだけど、牛丼やら全品100円の回転寿司とかすごい安いでしょ、今。
そういう食べ物ってコストをカットするためになんらかの理由があるんだろうなぁとは思って覚悟はしてるんですよ。

食品会社の上部がいくらしっかりしてても、やってるのは末端の人たちであって、どこまで情熱を持って仕事をやってるか。

それは飲食店だって一緒。忙しすぎて皿洗いが追いつかない。「きちんと洗えてないけどいいや、使っちゃえ!」なんて事もあるでしょ。

僕が高校時代某ファーストフード店でバイトしてた時、友人が誤ってパテ(バーガーの肉)を床に落としてしまった、でそのまま使った事があると言う。でも店長はそれを見ても何も言わなかったらしい。つまり店長にとってはロスする方が嫌だったって事だよね。

何かしらどこかで落ち度ってあるんですよ。大真面目に徹底的にやってる店もあるかもしれないけど、そういう衛生的な面でも、消費者は食料を口にする以上覚悟しなくてはいけないと思う。





今回の中国の会社の映像でどうしても腑に落ちない事がある


今回、中国の食品加工会社の映像で「落ちた肉を製造ラインに戻してた」とか「変色した肉を使っていた」とかテレビで大々的に流れていたよね。

82063dd1.jpg


これって隠し撮りだったのかな?記者の人が質問して、従業員がそれに答える。

「マクドナルドの監査が終わったから今なら古い肉使って大丈夫」
「変色してるけど、死にはしないよ」

なにこれ、ヤラセ?もしこれが隠し撮りじゃないのなら、従業員がバカでしょ。

なんで映像で撮られてるのに、そういう悪事を言っちゃうんだろう。わからん。これはわからん。って事はヤラせなのか。でもそのメリットはなんだ。わからん。

マクドナルドの監査からは隠したのに、記者の取材(潜入してたから身分を偽っていたんかな)からは隠さない。

従業員が取材者(と思ってる人に)悪事を公にしちゃうようなバカなのか、わざとこの情報を漏すためのヤラセ取材だったのか、ちょっと理解不能だなぁ。


大西 宏のマーケティング・エッセンス : 中国食品偽装の「潜入取材」は本当に「極秘」だったのか




tobecontinued_20110707230930_20110709220020_20120616001002.gif

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>従業員が取材者(と思ってる人に)悪事を公にしちゃうようなバカなのか、わざとこの情報を漏すためのヤラセ取材だったのか、ちょっと理解不能だなぁ。

そう言われてみれば....
案外 バラエティ番組の1コーナーやったりして

最後に「収録後 スタッフでおいしくいただきました」
ってテロップ流れてたかも(笑)

裏の裏は表ではない?

>
今回の中国の会社の映像でどうしても腑に落ちない事がある
>


目的はこれでしょ?
 ↓
>>
期限切れ鶏肉問題 中国メディア、責任は外資系企業にあると非難
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6124257
>>

かなり用意周到に準備された発覚であるみたいだし、当局とマスコミが手を組んでいるらしいとの情報もある。
アメリカ資本の会社のビジネスを潰すには最適な方法だったみたいだ。
つまり「アメリカ傘下でも品質管理が危ない」というイメージを、世界中に植えつけることに成功しているわけ。

国内では、
ファミマはいまだ品切れにも関わらず、マクドは翌日には販売を再開しているらしい。
その手際のよさがかえって疑わしいかもね。


No title

ジンタ⇒甚たこうちきん
>案外 バラエティ番組の1コーナーやったりして

そっか、その線があった!( ≧m≦)σ

そう考えるとコントとして観れる!

No title

ジンタ⇒j.takさん
>アメリカ資本の会社のビジネスを潰すには最適な方法

なるほどー!!

中国国内の工場ではあるけど、アメリカ企業の子会社はズサンであるという事をアピールか。

確かにダメージは与えている。


オモテのおもては表…ん?

>
腑に落ちない
>

この感覚は大事だと思うよ。



ウサマ・ビンラディン死亡のフォトショップ的展開
http://s.webry.info/sp/nekotomo.at.webry.info/201105/article_1.html


今の捏造などお子様騙し。これからは見抜けない捏造が来る
http://www.asyura2.com/13/hihyo14/msg/373.html


「騙される者が悪い」
これが世界の常識らしいしね。

「捏造」を暴く人たちは、
「これによって誰が得をしたか?」で
考えるらしいわ。

No title

野々村元議員のあの泣きのCGは凄かった。

No title

ジンタ⇒j.takさん
売り物って「いかに良く見せるか」って企業側が考えてる時点ですでに「偽り」みたいなものだもんね。つまりいかに上手にお客を騙すかって事だと思うのよ。


つ~か、このリンクのデジタル技術はすごいねー。

これからの会見にはpepperを使え!!(笑)

>
すでに「偽り」みたいなものだもんね。
>

生産者・販売者を擁護すれば、
「偽り」と「誇張」「誘導」は少し意味が違うと思うで。
決して生産者がすべて、「偽り」で物を作り販売しているわけではないから…。

『商品の良さを「誇張」して、顧客にメリットをイメージさせ「誘導」してニーズをつくる。』

のであって、騙しているのではないでしょう。
え!? そんなに変わらない?(笑)


>
野々村元議員のあの泣きのCGは凄かった。
>

むしろCGであって欲しいわ。(笑)
「号泣」によって「会見」をぶち壊し、結局様々な疑惑に対して
自らの言葉で質問に答えることなく(未だに…)、話題を「号泣」にすり替えた。
後から次々と出てくる更なる不正や疑惑のニュースを見る度に、
あの「号泣」が「真実」を隠すための「演技」だったと考える人が沢山いると思う。
「詐欺師」の『常套手段(計算されたもの)』だと指摘する人もいるらしいが、真相は…?

No title

ジンタ⇒j.takさん
>決して生産者がすべて、「偽り」で物を作り販売しているわけではないから…。

つまり捉え方と表現の仕方次第なんだよねー、きっと。


>ののちゃん
あれがCGの捏造だったら楽しいなぁ(笑)
まさにメディア側の情報操作だったりして。

田原俊彦の「ビッグ発言」とかもかなり捏造だったりして♪



プロフィール

ジンタ

Author:ジンタ
バンド“ひみつきち”のギターでリーダー。“クラフィ”のVo.&Gt.
詳細プロフィールはコチラ
Twitterジンタ アカウント
2003年09月3日(水)開始
同月26日から毎日更新。
2015年10月から気の向いた日に更新。

Podcast
バンド“ひみつきち”のPodcastはじめました!
■iTunes Store
1400x1400_fix.jpg


ひみつきちブログから聴く場合はコチラ


妄想のクラスで先生が雑談するPodcastはじめました!
■iTunes Store
1400x1400_fix.jpg


Seesaaブログはコチラ
記事リスト
最新の記事
最新コメント
Twitter
FC2カウンター
友達ブログ更新履歴
月別アーカイブ
09  11  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 
リンク
ブログ検索
甚太郎オススメ
Amazonお買い得情報
Amazonリンク